FODプレミアムで昔のドラマを楽しもう!

いつ恋の動画を1話から最終回まで無料視聴!

この記事を書いている人 - WRITER -

2016年に放送されたいつ恋こと「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の動画を無料視聴する方法を紹介します!
もちろん1話から最終回まで視聴可能です。高良健吾さんと有村架純さんが主演のドラマ。
この記事では今すぐ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」を1話から最終回まで無料で視聴できる方法を紹介します。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうを今すぐ視聴するならここをクリック 

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうを無料で視聴する方法を紹介

2016年に高良健吾さんと有村架純さんが主演でフジテレビ系で放送されたドラマ。

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」

いわゆる「いつ恋」です
脚本は1991年に大ヒットした織田裕二さん主演の東京ラブストーリーを手がけた坂元裕二さん。

彼はこれが自分にとって最後の月9ラブストーリーという強い思いで望んだ作品となっています。

今の若い人から見ると知らないドラマですが、平均視聴率22.9%、最高視聴率は32.3%を記録し、さらに主題歌の小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」が大ヒット。

そんな凄いドラマの脚本を手がけた坂元裕二さんですが、ここ最近も精力的に作品を作り続けており「最高の離婚」や日テレの「Mother」や「Woman」なども手がけヒットを飛ばしていますね。

オリジナルドラマの、いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうは、原作がなく、どのような展開を見せるのか全く分からないものでした。

主人公でヒロインの杉原音(すぎはら おと 22歳)は、母子家庭で育ったものの幼い時に母親を亡くしたことから北海道に住む養父母の元で暮らしていました。

彼女の家庭は貧しい環境で非常に苦しい生活をしてきて、いろんなことを諦めながら大人になった女性で大人になった今も資産家と結婚をしろとか強要されたり苦悩の日々を送っています。

一方、曽田練(そだ れん 25歳)は東京の運送会社に勤める青年で、早くに両親を亡くしたことから幼少期は福島県で祖父と一緒に生活、彼は人を疑うということを知らない純粋な性格の持ち主です。

そんな祖父も農地を騙し取られてしまい、練はいつか農地を取り返して農業をまたすることを夢見ています。

曽田練は東京に来て日向木穂子(25歳)という女性と交際をしていて、曽田練の住むアパートで同棲しています。

ある日、悪友である中条晴太(21歳)が北海道で盗んだカバンの中から古ぼけた「音へ」と書かれた手紙を見つけるのです。

純粋な曽田練はこの手紙の持ち主に絶対に返さないといけないと思って北海道へ向かいます。

そして、杉原音と曽田練の二人が出会うことに。

そこから二人は一緒に東京に行くことになるのですが・・・

若者6人の、“好きになる瞬間”から、“その想いが叶わない痛み”など、

時間の経過とともに“恋愛で生まれてくる心の変化”を丁寧に描かれた作品です。

 

そんな「いつ恋」ですがフジテレビオンデマンドで視聴できます。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうを今すぐ視聴するならここをクリック 

 

フジテレビオンデマンドはフジテレビが運営するインターネットを利用した動画配信サービス。

でも通常はフジテレビオンデマンドはひと月888円の有料サービス。

 

この記事のタイトルにあるようにこの888円を無料で試してみようというのがメインです。

やり方はとっても簡単。

この記事のリンクからフジテレビオンデマンドのホームページに行き

YahooJAPANIDを使用して登録する

これだけで

あなたは31日間無料でフジテレビオンデマンドのプレミアムコースを体験できます!

 

これであなたには31日間の無料期間が与えられるんですね。

この特典はこの記事のリンクからYahoo JAPAN IDで登録したあなただけのもの。

 

注意してほしいのがフジテレビオンデマンドに登録するときにドコモやau、ソフトバンクなどのキャリア決済などを使用してはいけないってことです。

 

重要なのでもう1度いいます。

Yahoo JAPAN IDを使用してFODに登録してください。

 

これでもう31日間はFODのプレミアムコース用の動画が見放題になります。

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」

はもちろんのこと

広末涼子さん、内田有紀さん主演の「ナオミとカナコ」などの月9ドラマが視聴可能です。

ぜひ一度FODのホームページで配信ドラマ一覧を見てくださいね。

 

フジテレビオンデマンドのサービスの詳細についてはこちらの記事を参考にしてくださいね

フジテレビオンデマンドの登録と解約手順、メリットとデメリットを紹介

 

#本ページの情報は2018年2月時点のものです。
#最新の配信情報は公式サイトでご確認ください。

 

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうのネタバレあらすじ

林田音(有村架純)は、北海道の八羽町で林田雅彦(柄本明)・知恵(大谷直子)たちに育てられていた。

音は、母一人子一人で暮らしていたが、母を幼い頃に亡くし、林田夫婦を頼ることになったのだった。

曽田練(高良健吾)は、東京の古ぼけたアパートで生活しており、安い給料で先輩たちにこき使われていた。

そこで、日向木穂子(高畑充希)とともに暮らしていた。

練のアパートへ、悪友の中條晴太(坂口健太郎)が転がり込んでくる。

晴太は、旅先の北海道で女性物のカバンを拾ってきていた。

カバンの中から、音は古ぼけた手紙・クリーニング店のカードを見つける。

「音へ」と書かれた手紙を読んだ練は、その手紙を持ち主に返そうと、会社のトラックで北海道へと向かう。

練は、クリーニング店のカードに書かれた住所を目指す。そして、クリーニング店で働く音に、「林田音さんって、この近くにいますか?」と尋ねる。

音は、「林田さんは、カバンを盗まれたショックで死にました」とウソをつくが、練は信じてしまう。

音は、練に自分が林田音であると明かし、お金を返すように言う。

練は、晴太が盗んだにも関わらず、代わりにお金を払わされる。

そして、手紙を返そうとするが、音はその手紙を「捨てておいて」と言う。

音は、雅彦に資産家の白井篤史(安田顕)と結婚させられそうになっていた。

さらに、雅彦は、寝たきりになった知恵の介護を音に押し付けていた。

だが、音は幼い頃より諦めることを教えこまれており、その状況を受け入れようとしていた。

練は、音の住む近所で食事を行い、そこで音が25歳上の白井と結婚する予定だと知らされる。

錬は、疲れてトラックの中で寝ていると、音がボールを壁当てしている音で目覚める。

しばらく会話をした後、音は錬に別れを告げて帰ろうとする。

そこで、錬は手紙を渡そうとするが、音は「捨てて」と言って受け取ろうとしない。

錬は、「結婚、断れないんですか?」と音に訊く。

音は、父の勧めである見合いを受け入れると錬に告げる。

音は、クリーニング店の配達で、シングルマザーの客・伊藤が困窮している様子を見て心を痛める。

その帰り、音を白井が迎えにやってくる。

音は、「伊藤さんのため、お金を貸してくれませんか?」と言うが、白井は「後先考えず子供を産むような人を助けようとしちゃダメだよ」と言って、カネを貸そうとしない。

音は、雅彦に「私、伯父さんたちに恩を返したいと思ってる。でも、好きな人とは結婚したくないの」と言う。そんな音に、雅彦は「恩知らずが」と吐き捨てるように言う。

そんな中、知恵の病状が悪化し、苦しむ。そんな知恵を、音は錬に頼んで病院へと運んでもらう。

そのお礼のため、音は錬をファミレスに誘う。その様子を、白井は見かけていた。

ファミレスにも来たことがない音は、初めてのファミレスの食事に喜ぶ。

その様子を見て、錬は思わず頬が緩んでしまう。一緒に今までの恋愛などについて語り合い、2人は楽しい時間を過ごす。音の元カレは、札幌の大学に行っているという。

寂しそうな様子の音に、錬は「またいい人見つかりますよ」と励ます。

音は、「白井さんと結婚することにする。決めた」と、自分に言い聞かせるように言う。

錬は、音を送る。そこで、音は「なんでわざわざ手紙を届けてくれたん?」と訊く。

そんな音に、錬は「俺にも親がいねぇ」と答える。

帰宅すると、白井が雅彦に「男と浮気している」と告げたと明かされる。

家に入ると、雅彦は母の遺骨を捨てており、ショックを受ける。呆然とした音に、知恵は「逃げなさい。もう、あなたの好きなところに行っていいから」と言う。

音は、荷物も持たず、雨の中、家を飛び出す。そこで、土砂崩れで迂回することを余儀なくされた、錬のトラックを見かける。音は、錬のトラックを止め、錬は音に「乗れ!」と言う。

トラックに乗り、錬の隣に座わる音は、そこで母親の手紙を読む。

母は、病院で入院中に手紙を書いたのだった。

死期を悟り、母は音に向けて「自由に生きて…恋をして、いつかたった1人の人と出会えると良いね。

その人は、きっとあなたの物語を聞いてくれる。あなたの質問に答えてくれる」とメッセージを送っていたのだった。

その手紙に、音は涙をこらえることができなかった。

音は、友人が働く居酒屋で住み込みのバイトができるか聞きに行く。

だが、戻ると錬のトラックはそこになかった。練は、市村小夏(森川葵)に偶然出会い、そのままいなくなっていたのだった。

1年後、音はバイトを掛け持ちして、東京で1人暮らしを続けていた。

いつしか錬と出会えるのではないかと思いながら・・・

いつ恋キャスト情報

曽田練(高良健吾さん)

若いうちに、両親をなくしています。

お母さんが早く亡くなって、お父さんも再婚して、福島にて農家の祖父の所へ預けられて育てられました。

運送会社の「柿谷運送」に勤めることになります。

林田音(有村架純さん)

小さい頃に「神戸」にいて、お母さんがなくなってから、育ての親の林田夫婦にひきとられて、北海道へ行きました。

北海道では、林田音として育てられました。

林田夫婦の奥さんのほう(林田知恵・大谷直子)が、病気で寝込んでしまい、介護しないといけなくて色々な夢をあきらめないといけませんでした。

好きな人と結婚する道、好きな仕事につく道もあきらめていました。

そんな中、ある事件が起きてそんな現状を抜け出して、自分のあきらめていた夢・道を歩もうとしていきます。

日向木穂子(高畑充希さん)

練の恋人である木穂子も地方から上京しています。

過去の自分を捨て、東京で華やかに過ごしているように見えますが、練との関係に満たされず悩んでいます。

後に練が音と恋に落ちることで、三角関係になっていきます。

井吹朝陽(西島隆弘さん)

偉大な父に愛憎を抱き、負けを繰り返しながら父に戦いを挑み、自分を見失わないよう必死にもがいています。

一見チャラく見える朝陽ですが、強い信念と正義感を持っているようです。

中條晴太(坂口健太郎さん)

気ままで明るく、そのルックスを武器に東京の隙間を縫うようにして生きるつかみどころのない自由人。

練の友人でありながら、敵なのか味方なのかわからない存在で、人に対してどこか冷めた目でみています。

市村小夏(森川葵さん)

ダサい田舎の女の子から、都会に馴染もうと背伸びをして、都会の闇に陥っていきます。

妹感のあふれる存在で、音と練の間を思いっきり掻き回すというスパイス役のようです。

いつ恋の視聴感想

坂元裕二さんが書く脚本のセリフには、いつもなんでこんなに人の気持ちを理解しているんだ、と驚くことが沢山あります。

それは良い意味でも悪い意味でもなので、とても恐怖に感じることもあります。

いつ恋は本当に生きていくために一生懸命な人たちがたくさんいて、今の自分の現状と重なる部分が沢山あり、一つ一つのセリフに心を痛めたり、心を温められたりしながら観ていました。

月9にしてはとてもヘビーな物語であったような気がするのですが、作品としてはとても大好きで何度も何度も繰り返し見たくなる作品です。

観たくなるというよりも、“言葉を聞きたくなるような作品”の方が合っている気がします。

その出てくる言葉一つ一つには、本当に耳を背けたくなることも多く、でも心までも察してくれているような包み込んでくれる言葉も多くありました。

『説得しようとしないで。』とプロポーズされた音が言うシーンではその言葉をちゃんと伝えた音の強さと、

朝陽の無念さも同時に感じられてとても心が苦しくなりました。

音のことを考えているようで自分のことしか見えていない朝陽の心の隙間の大きさをすごく感じて、人の心がここまで開いてしまうことに本当に恐ろしくなりました。

『私たちって消耗品なんですか?』と音の仕事仲間である玲美が聞くシーンでは、本当に社会で働いているとそう感じることが沢山あり、いつも踏ん張って堪えている感情が、とても溢れた場面でした。

使い終わったら使用しなくなる、その社会の怖さを知っているからこそもっと自分は強くいなきゃいけないと自分自身にも言い聞かせた瞬間でした。

『恋は、お家もなくなって、お仕事もなくなって、どこも行くとこもなくなった人が帰るとこ。』

何もなくても帰れる場所があるだけで確かに少し心が温かくなる。

それだけでほっとできる。そんな状況でも大切にしたい人を見つけて大切にすることはとても難しいことだと感じました。

作品の中に散りばめられている言葉一つ一つが本当に大切にしたくて、どんなにきつい言葉でも、自分の戒めにしようと思えるこの作品とこの脚本の強さは、近年まれにみる社会派恋愛ドラマだと思います。

本ページの情報は2018年5月時点のものです。
最新の配信情報はフジテレビオンデマンドのサイトでご確認ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© FODの杜 , 2018 All Rights Reserved.